見やすいweb制作方法

見やすいレイアウトを意識しよう

余白はwebサイトのレイアウトにとって非常に重要です。コンテンツどうしの余白が十分にとられていないと、ゴチャゴチャとした印象になってしまい、ユーザーに敬遠されてしまいます。webサイトをレイアウトするときには、くっつきすぎず離れすぎず適度な余白をとりましょう。
次に配色も重要なポイントです。多くの色を使いすぎると統一感のない見た目になってしまい、これもまたゴチャゴチャとした印象を持たれてしまいます。また色には、赤やオレンジなどの暖色系と青などの寒色系があります。暖色系は膨張して大きく見えるため、目に飛び込んでくる印象があるので、あまり多用すべきではなく注意喚起などに向いています。逆に寒色系は、精緻さや安定性を表現できて、広い面積に使用しても不快感はないでしょう。

文章のレイアウトにも注意しよう

webサイトを制作するうえで、文章が書かれていないサイトはないでしょう。そこで文字のレイアウトにも余白が重要になってきます。行の高さ、文字と文字の間隔、段落と段落の間など、細かい部分かもしれませんが、スムーズにコンテンツを読んでもらうには非常に重要な要素です。
また、文字のフォントにもゴシックや明朝などさまざまありますが、あまりに奇抜すぎるフォントは文章を読みづらくしてしまいます。特徴的なフォントは見出しだけの使用にとどめて、本文では無難なものを使うのが良いでしょう。
さらに、文章が横に長く続きすぎると読みづらくなるため、文字の大きさや文字どうしの間隔にもよりますが、1行あたり30から40文字を目安にすると読みやすくなります。

webサイト構築のテクニックを習得するうえで、デザインやプログラミングなどの専門性を高めることが必須です。